6日、韓国の食品医薬品安全処が日本産水産物に対して行った放射能検査の結果を公開しないとしたことについて、韓国国内で波紋が広がっている。資料写真。

写真拡大

2016年4月6日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の食品医薬品安全処が日本産水産物に対して行った放射能検査の結果を公開しないとしたことについて、韓国国内で波紋が広がっている。

韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士会(民弁)」によると、食薬処は5日、日本産水産物の放射能危険度評価に関する弁護士会の情報公開請求を拒否し、非公開とすることを決定した。

食薬処は判断の理由について「世界貿易機関(WTO)で進行中の審議に関する情報であり、(公開すれば)相手国(日本)に戦略が知られる懸念がある」ためとした。

これに対し民弁は「政府がどちらにせよ放射能危険評価の結果をWTOと日本に提出せねばならない点を考えれば、根拠のない説明だ」と反発、異議を申し立て、7日以内に食薬処が最終決定を下すことになった。

韓国は13年9月、福島県など8県の農水産物について放射性物質の検出のいかんにかかわらず全面的に輸入禁止とした。日本はこの措置に反発し、昨年5月、WTOに韓国を提訴している。

これについて韓国のネットユーザーからは、食薬処の決定に反発するコメントが数多く寄せられている。

「ただ安心して食べろということ?それなら日本産水産物はすべて青瓦台(韓国大統領府)の食材に使えばいい」
「さすが朴槿恵(パク・クネ)親日政権だ」
「現政権は日本の行政区域内」
「食べ物の情報は透明性を保ってほしい。ましてや放射能なんて…」

「やはり政府は国民をばかにしている。公開するだけなのに、ああだこうだと言い訳ばかり」
「すべての政治が納得不可能。立派なリーダーがいないことが実に残念だ」
「黙って食べてくたばれということか。こんな国に生まれたことが罪だな」

「サンプルを調べてみたら、汚染がひど過ぎて公開できないのかも」
「非公開と決めたこと自体が、食べたらヤバいということを示している」
「そんなことより日本はそれだけ福島産の食品が安全だと言うなら、韓国に輸出なんかせずに安倍(晋三)家の墓前にでも供えてくれ」(翻訳・編集/吉金)