日本人、「スター・ウォーズ」オタクの世界王者になる

写真拡大

2016年3月、ポップカルチャーを中心としたファンコミュニティのホスティングサイト「Wikia(ウィキア)」が、『スター・ウォーズ』にまつわるカルトクイズ・イヴェント「Qwizards(クイザード)」の世界大会を主催した。『スター・ウォーズ』オタクの世界一決定戦とでも言うべきこの大会において、全問正解で優勝を果たしたのはなんと日本人だった。

藤井隆史|TAKASHI FUJII
埼玉県在住。エンターテインメントコンテンツ関連企業に勤務する傍ら、学生時代より開始したファンサイト「スター・ウォーズ ウェブログ」を運営。2010年には「スター・ウォーズ」ファンをテーマにしたコメディ映画『ファンボーイズ』日本公開を訴える署名運動を主宰するなど、『スター・ウォーズ』の「スーパーファン」として勢力的に活動を続けている。

「日本人、「スター・ウォーズ」オタクの世界王者になる」の写真・リンク付きの記事はこちら

関連記事企業は“オタク”に会いたがっている──スーパーファンとWikiaとエンタメの未来

2015年の12月、「スター・ウォーズ」シリーズの新作にして第7作目となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開された。アメリカでは公開初日の興行収入が1億2,500万ドルを超え、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』(2011年)の9,100万ドル以来の最高記録をたたき出した。最終的にはアメリカ国内だけで934億ドルのメガヒットとなり、ジェームス・キャメロン監督の『アバター』(2009年)の760億ドルを抜いて歴代最高記録を樹立することとなった(日本では3月25日に3カ月あまりに及ぶ公開が終了。2月末時点での日本の興行収入は112億1,247万円と、実写映画としては『アリス・イン・ワンダーランド』以来6年ぶりに100億円を超える大ヒットとなった)。

こうした興行的な大ヒットもさることながら、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開は、長年にわたって拡張されてきたスター・ウォーズユニヴァースに生息する、ファンたちの盛り上がりも大いに加速させた。なかでも、世界最大のスター・ウォーズ・ファンサイト「Wookieepedia(ウーキーペディア)」を抱えるアメリカのファンコミュニティー・メディア「Wikia」(ウィキア)の成長は著しく、Wookieepedia単体でも2015年12月の月間PVが約1億3,500万という驚異的な数字を記録した。

そんな熱狂的なファンのお祭り気分に応えるべく、Wikiaでは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を記念した、インターネットサイト上におけるオンライン・カルトクイズ大会「Quizards(クイザード)」を実施した。

2015年末からアメリカ、イギリス、ドイツ、スペイン、日本で予選が行われ、2016年3月には、予選を勝ち抜いた代表のなかから上位3名による世界大会が開催された。いわば、オタク中のオタクによって行われた「スター・ウォーズ」ファンの頂上決戦。この戦いを制したのは、なんと日本代表の藤井隆史であった。藤井は、「スター・ウォーズ」に関するファンサイト「スター・ウォーズ ウェブログ」を運営する人物として、知る人ぞ知る存在だ。

スター・ウォーズ・ファンは、グッズのコレクターやコスプレイヤー、あるいは小説やアニメといったいわゆる“レジェンズ”ファンなど非常に細分化されているが、藤井自身は、いわゆる世界観が好きな“設定”マニアだという。

「幼いころから、父親が録画した『金曜ロードショー』やレンタルヴィデオでオリジナルの『スター・ウォーズ』3部作(エピソード4〜6)を観てファンになりました。10代のころに、プリクエルの3部作の公開が始まり、そのときは、ワクワクして劇場に駆けつけたのを覚えています。2005年に『エピソード3/シスの復讐』が公開されたときにちょうど大学生で、ファン心をなにかカタチにできないかな、と思ってブログを立ち上げたのが『スター・ウォーズ ウェブログ』です。当時は学生だったので、時間さえあれば書いていましたね。映画だけでなく、小説を読んだり、TheForce.netやJehi Newsといった海外のスター・ウォーズ関連のサイトから情報を得たりもしていました。なかでもWookieepediaはよく訪れ、ブログを書くにあたって事実確認をしたいときに使ってきました。スター・ウォーズ関連の固有名詞をグーグルで検索すると、たいていWookieepediaに飛ぶんですよ。ウィキペディアではフォローできていないマニアックな固有名詞も必ずWookieepediaにはある」

Quizardsは、Wikiaが主催するさまざまなプログラムのなかでも人気のライヴイヴェントだというが、“設定”やトリヴィアマニアの多いスター・ウォーズ・ファンとの相性はことのほかいい。

「子どものころにTVで『カルトQ』を観た覚えはありますが、最近ではそういうクイズ番組がなかったので、自分でカルトクイズに挑戦するといイメージはまったくありませんでした。でも、やってみたら思いのほかハマりましたね。特に、海外のファンと戦えたのはとても面白い体験でした。インターネット上であれば、世界中の誰とでも対戦できてしまうという考えてみれば当たり前のことを、強く実感しました。

今回ぼくが参加したQuizardsは第3ラウンドまであったのですが、第2ラウンドは、ファン同士が自分で考えた質問を出し合うというものでした。お国柄やその人個人のパーソナリティーやこだわりが反映されていて、面白かったですね。世界大会のとき、ぼくはあえて日本にちなんだ問題を出しました。例えば、日本の地名が由来の名前はどれ?とか。答えは、マズ・カナタがいた惑星『タコダナ』なんですが、監督のJ.J.エイブラムスが記者会見で発言したことがニュースとして世界に配信されていたせいか、ちゃんと答えられてしまいました(笑)。

カリフォルニア、ロンドン、東京という時差もまるっきり違う3都市を結んで行われたので、日本は早朝の5時という時間でしたが、滅多にできない経験だと思って、思い切り楽しみました。まさか、優勝できるとは思っていませんでしたけどね。次回があれば、ぜひ、ディフェンディングチャンピオンとして参加したいと思います」

16年の12月には、『エピソード4/新たなる希望』のストーリーの直前を描いたスピンオフ作品『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開が決定している。さらに今後は、シリーズ第8作(17年公開)、スピンオフ第2弾(18年)、シリーズ第9作(19年)と、毎年スター・ウォーズ作品が公開される予定だ。10年の“冬の時代”にエネルギーを溜め込んだファンにとって、春はまだ始まったばかり。実りのシーズンはまだこれからだ。

160404_IMG_1142

INFORMATION

『WIRED』VOL.18「『スター・ウォーズ』新たな神話のはじまり」

ジョージ・ルーカスのSFX工房「インダストリアル・ライト & マジック」の40年が語られたオーラルヒストリーや『フォースの覚醒』を生み出す6人のインタヴューから、神話を生んだ魔法とイノヴェイションをひも解く本格スター・ウォーズ特集。そのほか、佐久間裕美子のコロラド・マリファナ・ロードトリップに、“ロボットの目”を生み出した金出武雄のヴィジョン、スケボー界のレジェンド、ロドニー・ミューレンに学ぶ七転び八起きのイノヴェイション論を掲載!