500円で「こぼれいくら小丼」や「秩父わらじかつ丼」など地元メシが楽しめる♪ 人気グルメフェス「地元めしフェス “クオーゼイ” in日比谷」は見逃せない!

写真拡大


北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の美味しいものが東京・日比谷公園に大集合。

4月7日(木)から10日(日)までの4日間、入場無料のフードフェス「地元めしフェス “クオーゼイ” in日比谷」が開催されますよぉ〜!

【どれもこれも食べたい!】

個性豊かな “地元めし” を提供してくれるのは、計66店舗。

北海道森町「ひこま豚」を特製タレに絡ませた「阿部商店のひこま豚丼」に、茨城県大洗カニ専門店かじま「ズワイかにたっぷりコロッケ」。瀬戸内小豆島産醤油を使用した小豆島ラーメンHISHIO「醤(ひしお)そば」など、読んでるだけでよだれが出ちゃう!

【今年初登場の「ワンコイン地元めし」は見逃せないっ】

そのほか、全国各地で獲れた野菜や魚、肉類などを炭火で焼き上げる店。さらにはたったのワンコイン、つまり500円で「こぼれいくら小丼」「秩父わらじかつ丼」など、豪華メニューが堪能できる「ワンコイン地元めし」が初登場するなど、今年はよりいっそう “食べ応え” がありそうですっ。

なお「ワンコイン地元めし」を行うのは34店舗、1日限定50食と数に限りがありますので、早めに現地へ向かったほうがいいかも。

【いっぱい「飲みたい」あなたはこちら】

また食べるだけでなく “飲み” も楽しめる点が、同フェスのいいところ。

各地で人気の地ビールを味わうことができる「発見! 地ビールスタンプラリー」へ参加し、スタンプを3個集めれば、購入店の中で気に入った地ビール1杯を無料でもらえちゃうっていうんだから、酒好きならば参加しなきゃ損!

【ご当地ドリンク飲み比べ企画も】

ノンアルコール派ならば、100円で地域限定のソフトドリンクを飲み比べできちゃう「ご当地ドリンクをノモーゼイ」といった企画もあるので、参加してみては。選りすぐりの9種のドリンクを堪能することができるので、かなりお得よ。

開催時間は午前10時から午後20時まで(イベント最終日のみ18時まで)。うららかな春の日、たっぷりお腹をすかせたうえで、日比谷公園へと出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:地元めしフェス “クオーゼイ” in日比谷、イベント公式Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る