新しい「共同住宅」:NYのコワーキングスペース・スタートアップが提供開始

写真拡大

起業家向けのコワーキングスペースを運営し、いまや160億ドルの価値がある「WeWork」が、今度はニューヨーク市とワシントンDCで、共同生活の楽しさと機会を提供するおしゃれなアパートメント「WeLive」をオープンした。

SLIDE SHOW 「新しい「共同住宅」:NYのコワーキングスペース・スタートアップが提供開始」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-20160329-welive-interiors-2-1024x732

2/9アパートの各部屋には小さなキッチンとフルサイズの冷蔵庫、電子レンジが付いている。もっと本格的な料理をしたいときは、各階段に設置された「近所づきあいのスペース」にある最新式のキッチンを使える。

03-20160311-welive-launch-shoot-1st-selects-26-1024x683

3/9ランドリールームは娯楽室にもなっており、卓球台やピンボールマシンが設置されている。

04-20160329-welive-interiors-9-1024x683

4/9バスルームは、ニューヨークのよくあるアパートと比べて広く、新しい。

05-20160329-welive-interiors-22-1024x683

5/9共同設立者のひとりであるミゲル・マッケルヴィーは、WeLiveを、「どんな種類のライフスタイルを送る人であってもチャンスが連続的に得られるような空間」であってほしいと考えている。

06-20160329-welive-interiors-21-1024x683

6/9住民が交流できるスペースにはポップなポスターが。

07-20160329-welive-interiors-10-1024x689

7/9約42平方メートルのスタジオタイプの家賃は月2,000ドル。最も広いユニットは約93平方メートルで、ベッドルームが4つあり、住人ひとりの最低家賃は1,375ドルだ。家賃は月ベースで払うことができ、敷金礼金は不要だ。

08-20160329-welive-interiors-15-1024x683

8/9

09-20160329-welive-interiors-14-1024x683

9/9

Prev Next

起業家向けのコワーキングスペースを運営する「WeWork(日本語版記事)」は、いまや160億ドルの価値をもつ。しかし同社はシェアオフィス事業だけを目指していたわけではなかった。

「わたしたちはWeWorkに着手したとき、はじめから有機的に発展させることを考えていました」と語るのは、共同設立者のひとりであるミゲル・マッケルヴィーだ。

マッケルヴィー氏は2010年、ニューヨーク市ソーホー地区に初のWeWorkオフィススペースを開設する準備をアダム・ニューマンとともに進めていた。当時は誰の目にも、彼らが目指しているのは事務所スペースをレンタルする会社を設立することだと映った。しかしマッケルヴィー氏によると、2人が密かに抱いていたのはさらに大きなアイデアだったという。「わたしたちには数多くの『We』構想がありました。“Weフィットネス”の構想もあれば、“Weレストラン”の構想もありました」と同氏は述べる。

その計画には住宅の構想も含まれていた。それがまさに4月4日(米国時間)にオープンした「WeLive」だ。これは、WeWorkのモデルを住宅に応用したものだ。

この構想が初めてかたちになるのは、マンハッタンのダウンタウンにあるフィナンシャル・ディストリクトのウォール・ストリート110番地(110 Wall Street)だ。

WeLiveの正式なオープンは4月4日だが、WeWorkの従業員とその会員を合わせた約80人が、1月にベータテストの一環として入居している。さらに4日には、ワシントンDC郊外のクリスタルシティでも、2つ目の施設がテストなしでオープンした。

筆者がマッケルヴィー氏のインタヴューを行った部屋は、約42平方メートルのスタジオタイプで、家賃は月2,000ドル。最も広いユニットは約93平方メートルで、ベッドルームが4つあり、住人ひとりの最低家賃は1,375ドルだ。家賃は月ベースで払うことができ、敷金礼金は不要だ。

部屋の隅には、大きなミッドナイトブルーの房付きクッションを積み重ねたソファがあり、その正面に薄型テレビと窓がある。窓から見えるバルコニーにはまもなく共同のジャグジーが設置され、利用が開始される計画だ。

それぞれの部屋に小さなキッチンがあるが、ホールの先には最新式の共同キッチンもある。卓球台を備えた娯楽室を兼ねるランドリールーム、カウチが並んだ小さな映写室も用意されている。通路脇には小さな売店もあり、歯磨き粉やタンポンなどが並んでいる。

WeLiveは以前から大学の学生寮にたとえられている。WeLiveを見学するまで、筆者も個人的には、ランドリーで洗濯する間もネットワークづくりをやめられない企業家たちが溢れる都会のキブツのようなものと思っていた。けれどもマッケルヴィー氏はWeLiveを、「どんな種類のライフスタイルを送る人であっても、チャンスが連続的に得られるような空間」と述べている。

「エネルギーを与え、モチヴェーションを与えてくれる環境、今日1日をすばらしい日にしてくれる環境とはどういうものでしょうか?」と、マッケルヴィー氏は問いかける。「朝のシャワーでしょうか。おいしい朝食でしょうか。美しい眺めでしょうか。あるいは、そのすべてでしょうか。あなたは映画をiPadでひとりで観たいですか。それとも、50人と一緒の部屋で観たいですか。そうした社会的経験に対する選択肢が必要なのです」

WeLiveはデジタルにもつながっている。「WeLiveのご近所」(WeLive neighborhoods:各階の共有スペースを意味する造語)で開催されるイヴェントを住人に知らせるアプリがあり、部屋の清掃を依頼したり、新しいマットレスやリネンに交換してもらうサーヴィスの注文もできる。

こうしたアプリは、ニューヨーク初の「公認」マイクロアパートメント(日本語版記事)でも利用されているが、WeLiveにはさらにパーソナルな雰囲気がある。