写真提供:マイナビニュース

写真拡大

静岡新聞社と富士通は4月6日、共同で、富士通のモバイル活用基盤「FUJITSU Cloud Service MobileSUITE(フジツウ クラウド サービス モバイルスイート)」を利用した、スマートフォン入稿システムを開発し、運用を開始したことを発表した。

同システムは、スマートフォンから静岡新聞社の新聞を制作する新聞電子組版システム(新聞CTS)への各種コンテンツの入稿を可能にするというもの(CTSとは、Computer Typesetting Systemの略)。

「MobileSUITE」は、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(フジツウ デジタル ビジネス プラットフォーム メタアーク)」のモバイル分野を担う基盤。同サービスでは、最新のシステム環境が保たれた、セキュアな富士通のデータセンター内で運用され、24時間365日、専門の担当者によって運用監視されているデジタルビジネス・プラットフォームから、業務を支援する各種機能が提供されている。

今回、「MobileSUITE」が提供する、利用者認証機能、アプリ・コンテンツ・端末などの統合管理機能、シームレスな連携を実現するAPIとその管理機能を利用することで、スクラッチ開発と比べ工期を短縮し、4カ月で構築を完了したという。

静岡新聞社の記者は従来、記者専用のノートパソコンで新聞CTSにVPN接続し、各種コンテンツを入稿していたが、同システムの導入により、持ち運びが容易なスマートフォンで、場所を選ばずに原稿を入力でき、写真も撮影してすぐに送信することができることから、より迅速なニュース配信を実現したとしている。

静岡新聞社は今後、音声での記事入力、ニュース発生位置情報の送信など、記者の利便性向上を実現し、メディア業界の取材スタイルの革新を牽引するためのシステム強化行っていく構えだ。

(石原由起)