6日、韓国の柳興洙駐日大使は朴槿恵大統領に辞意を伝えたと明らかにした。資料写真。

写真拡大

2016年4月6日、韓国の柳興洙(ユ・フンス)駐日大使は韓国メディアの取材に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領に辞意を伝えたと明らかにした。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、柳氏は悪化の一途をたどっていた日本との関係修復に全力を尽くしたとした上で、「韓日関係における問題は完全に解決したわけではないが、慰安婦問題については(昨年12月に)解決に向けた合意が実現し、年内には順調に解決に至るだろう」と語った。

柳氏は幼年期を日本で過ごしたほか、韓日議員連盟の幹事長、韓日親善協会中央会の理事長を務めた「知日派」で知られる。国会議員も4期務め、日本の政界に太いパイプを持っている。(翻訳・編集/柳川)