写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクロボティクスは4月上旬より、充電ベースの配布を開始する。充電ベースは試供品で、修理などは行われない。

充電ベースの提供により、Pepperは自律的に充電を行うようになる。配布対象は、基本プランと保険パックに同時加入した一般販売モデル購入者と、CPUアップグレードプログラム実施済みのPepperデベロッパー先行モデルの購入者。Pepper for Biz契約者については配布対象外となる。

自動充電機能は、Pepperの最新OS「NAOqiOS 2.4.3」にアップデートすることで利用できる。自動充電設定画面を表示して自動充電機能をオンにする操作が必要で、バッテリー残量値の設定や、充電ベースでの待機時間設定などが行える。

同時に公開された動画では、Pepperが自動掃除ロボットかのように充電ベースにたどり着く様子を確認できる。

(徳原大)