ハウステンボス歌劇団に初の生え抜きトップ誕生 4月8日からお披露目公演

写真拡大

2013年に長崎県・ハウステンボスで旗揚げした「ハウステンボス歌劇団」が、発足3年たたずして3つめのチームとなる「チームハート(心)」を誕生させるそうです。

同劇団は「歌劇団」というだけあり、兵庫の宝塚歌劇団や大阪のOSK日本歌劇団のように女性だけが出演する少女歌劇団。

【関連:ハウステンボス歌劇学院、募集回数を増やし例年より早く開始】

ハウステンボス歌劇団

2013年7月の旗揚げ時には、宝塚出身およびOSK出身が中心をかため、今でもチームシャイン(光)は元宝塚の優雅(研ルイス)さん、チームフラワー(華)は元OSKの伊織はやとさんがそれぞれ男役トップを務めています。

また、旗揚げわずか半年後の2014年1月には、ハウステンボス内に常設劇場「ミューズホール」もオープンし、さらに2014年5月には劇団併設の養成所「ハウステンボス歌劇学院」を開校。この4月に第3期生の入学が控えています。

■新チームは生え抜き二人の「Wトップ体制」

チームハートの男役トップには愛那月ひかるさんと泉美匠さんがWで就任。
二人は他歌劇団出身者ではないため、「劇団創設以来、初の生え抜きトップ誕生」となるそうです。

ハウステンボス歌劇団 チームハート(心)

新チームのお披露目公演『KINGS(キングス)』は、常設劇場で4月8日(金)〜17日(日)の10日間20回公演が行われる他、同時に歌劇学院第2期生の初舞台口上も行われます。
なお、お披露目公演『KINGS(キングス)』は、元宝塚・娘役で元ハウステンボス歌劇団・娘役トップを務めた雪菜つぐみさんが演出・振付を担当。雪菜さんは同劇団を退団し、専属の演出・振付家に転向しています。

他にもチームハートは、ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)に4月29日オープンする新劇場での公演も決定。お披露目公演千秋楽17日には、新劇場への出発式が他チームメンバー駆けつけ行われるそうです。