“そっくり”ウェッジでターニングポイントとなるチップインバーディを奪取(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 『ヤマハレディースオープン葛城』で節目となるの日本ツアー通算20勝目を挙げた李知姫(韓国)。日、米、欧州の3ツアーで通算20勝を挙げて韓国ツアーの永久シードを獲得、具玉姫、朴セリら韓国のレジェンドに肩を並べた。
【関連写真】8頭身美人の後輩、ユン・チェヨンとの熱闘を写真でプレーバック
 昨年の19勝目『マスターズGCレディース』とセッティングの違いはウェッジ。「タイトリスト ボーケイ SM4」から「フォーティーン RM プロトタイプ」に変更した。理由は「使用していたモデルが製造終了になった」ため、メーカーに新たにまったく同じものを作ってもらった。
 その“そっくり”ウェッジは2日目に20ヤードのチップインバーディを奪うのに奏功。そのバーディを皮切りに4バーディを奪取するなど、節目の勝利をぐっと引き寄せた。
 それ以外は変更なし。番手ごとの距離感がしっかりと体に染み付いているからこそ、強く、向きが読みづらい葛城特有の風の中でもバーディを量産できたのだろう。
【李知姫のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:ONOFF DRIVER AKA 9°
(シャフト:グラファイトデザイン TourAD GP6/SR/45.125インチ)
3W:ONOFF FAIRWAY ARMS LABOSPEC TS358
5W:ONOFF FAIRWAY ARMS TYPE-S
5UT:テーラーメイド グローレF ユーティリティ
6UT:テーラーメイド グローレF ユーティリティ
6I〜9I:オノフ フォージドアイアン KURO
AW:オノフ フォージドウェッジ プロトタイプ 50°
AW:フォーティーン RM プロトタイプ 54°
SW:フォーティーン RM-21 58°
パター:オデッセイ ミルド・コレクション #5
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STER XV
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヤマハレディース編】