iPS細胞から「毛が生える皮膚」再生に成功:日本の理研など

写真拡大

理化学研究所などの研究チームが、マウスiPS細胞を使った皮膚再生に成功した。この皮膚は汗をかいたり毛を生やしたり、通常の皮膚と同様に機能するという。将来的に外傷や火傷、脱毛症の治療に役立つことが期待されている。

「iPS細胞から「毛が生える皮膚」再生に成功:日本の理研など」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本の共同研究グループが、汗をかいたり毛を生やしたりできる3次元的形状の「皮膚再生」に成功した。

この皮膚は汗腺や毛包(もうほう)、皮脂腺といった3層の皮膚細胞から構成される。研究チームによるとこの皮膚は、神経や筋線維のような「ほかの器官系と情報伝達する」ことができ、いずれは火傷患者や新たに皮膚を必要とする患者の治療に役立つ可能性があるという。

理化学研究所多細胞システム形成研究センターや北里大学などによる研究成果は、『Science Advances』に発表された

研究チームはマウスの歯肉細胞を使ってiPS細胞を培養し、胚様体(Embryoid Body:EB)を形成した。研究チームはこの形成された胚様体について「体内で自然発生した胚と類似している」と説明している。

この細胞塊をマウスの毛のない部位に移植したところ、「正常に機能した」という。

理化学研究所多細胞システム形成研究センターの辻孝チームリーダーは英文リリースで、「人工皮膚の開発では、これまで毛包や外分泌線といった重要な器官が再生できていませんでした。こうした器官があるおかげで、皮膚は調節において重要な役割を果たしているのです」と述べている。「新しい手法は、正常な皮膚組織の機能を再現することに成功しました。移植用の器官をラボで再現するという夢にさらに近づきつつあります。また、この手法で形成した組織が医薬品開発における動物実験を代替できると考えています」

皮膚の「完全な再生」はまだ実現していないが、研究チームはこの研究が、皮膚の外傷や火傷、先天性乏毛症、脱毛症などの治療に役立てばと願っている。

※ 下記のフォトギャラリーは、アーカイヴ記事・トルコ、10億ドルの「植毛ビジネス」の舞台裏より。

SLIDE SHOW

2/14医師と看護師は、手術前に患者の頭の毛を剃る。

3/142人の看護師が(後頭部や側頭部といった)薄毛になりにくい部位から、患者の毛包を約4,000個取得する。

4/14毛根を取得している写真をチェックするイラクから来たアリ・アドナン・カシムさん。頭上に書かれた線は、それぞれの位置に移植される毛根の数が書かれている。

5/14患者の頭に多血小板血漿(PRP)を注入する医師。PRPは、毛包の成長を刺激することができる濃縮血漿である。

6/14看護師が患者の薄毛の部位に毛包を移植している。移植先の穴は前もってくり抜く処置がされており、そこに1つひとつ移植される。手術時間は約8-10時間。

7/14手術後のエーサン・アルバラシさん。1年前にイスタンブールで毛髪移植手術を受けたが、そのときはうまくいかなかったという。

8/14看護師が患者の頭皮から取得した毛包を患者自身へ自家移植する。

9/14患者から採取した約4,000個の移植片を並べているところ。

10/14通訳は術後のシャンプーする様子を動画撮影し、患者は帰宅後このヴィデオを見て「自宅でのケア」を学ぶという。

11/14保湿ローションを塗っているところ。術後2日で初めてクリニックでシャンプーを行う。

12/14手術後、医師の診察を待つ患者たち。

13/14イスタンブール市内中心部を歩く、最近移植手術を受けたと思われる男性。

14/14イスタンブールのボスポラス海峡の夜景を楽しむ患者2人を撮影。

Prev Next