写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタルハリウッド福岡校とブイキューブは4月6日、福岡で子育て中の女性が「グロースハッカー」として、地元で子育てしながら活躍できる環境を整えることを目的に、在宅ワークを支援する取り組みで協力していくことを発表した。

女性たちは、まずデジタルハリウッド福岡校で勉強し、その後、自宅でクライアントなどと打ち合わせをしながら仕事ができる環境を実現するため、ブイキューブはWeb会議サービス「V-CUBE」を提供するという。

働く時間や場所に制約がある女性が、その制約の中でキャリアアップを目指しながら働くことができる環境を提供するため、デジタルハリウッド福岡校では、「ママ向けWebグロースハッカー養成講座」を2015年9月に開講。子育て中の女性は、実際のWebリニューアル案件も手がける半年間の受講を経て、Webデザイナーやグロースハッカーとしての独立を目指していくという。

2016年3月下旬、同講座の第一期生である12名の女性たちは、講座の授業を終え、卒業後の就業を目指して修了課題に取り組んでいる状況だ。今後、就業支援に加えて、女性たちがスムーズに在宅で就業できるよう、福岡近郊だけでなく九州各地のクライアントとの打ち合わせを自宅から実施できる仕組みとして、「V-CUBE」を提供するとしている。

(石原由起)