郭台銘氏は1日16時間働くという Reuters/AFLO

写真拡大

 2016年は、日本の電機大手が初めて丸ごと「外資」に買収された年として記憶されることになりそうだ。その立役者たる鴻海(ホンハイ)精密工業・郭台銘(テリー・ゴウ)会長とは何者か。

 朝日新聞台北支局長として、鴻海の成長物語に接してきたジャーナリスト・野嶋剛氏の現地ルポを読めば、この男の素顔とシャープの未来がうっすらと見えてくる。

 * * *
 シャープ買収を手がける鴻海精密工業(以下、ホンハイ)の本社は、台北郊外の新北市の工業団地の一角にある。

 最寄りの駅からタクシーで向かったが、何度も道に迷いながら、本来なら10分ほどの距離を、30分ほどかけてようやくたどり着いた。地元のドライバーすら場所を知らない、世界最大レベルの企業と思えない貧相なビル。入口でカメラを構えると「撮影禁止だ」と血相を変えた警備員が駆けつけてきた。

 徹底した秘密主義で知られるホンハイ。そのトップである郭台銘とホンハイについて、台湾のメディア関係者は口をそろえてこう形容する。

「非常不好採訪(とても取材しにくい)」

 メディアには、出たいときに、出る。それが、郭台銘の一貫した対外広報のスタイルだ。財務情報も、不親切な開示に加え、多くの子会社が複雑に絡み合っており、記者どころか、外資の財務アナリストでさえ、ホンハイの経営実態を正確に読み解くのは至難の技、と言われている。

 台湾のある雑誌とホンハイとの間で、こんなことがあった。その雑誌が、経営陣の一員であった当時の妻(現在は故人)が重病を患って入院した情報をキャッチし、ホンハイに確認を取った。

 郭台銘から直接の打ち返しがあり、家族のプライバシーの問題なので掲載を止めるよう強硬に求めた。雑誌側が「彼女は経営陣の一員で、プライバシーとは言えない」と拒否すると、数日後、雑誌の締め切り前に、妻の退任が公示された。病気の報道は結果的に止められた、という。

 当時、この経緯を目撃した人物は振り返る。

「ホンハイの何を報道するかは自分が決める。家族は守る。そんな圧倒的な『覇気』(気迫の意味)を感じました」

 部下がメディアに露出することも極端に好まない。いくつものツテをたどって、どうにか中堅幹部の一人に会うことができた。台北市のカフェで待ち合わせたが、会う前の電話では「いつ会長(郭台銘)から呼び出されるか分からないので、会えるかどうかも直前まで分からない」「連絡は個人のメールアドレスに」と繰り返した。

 この中堅幹部は台湾出身だが、専門を買われて米国企業からヘッドハントされてホンハイに移った。入社前、郭台銘にこう念を押されたという。

「我が社で給料に期待するな。仕事の価値は、お前の努力で決まる」

 実際、給料のベースは米国企業よりも低かった。しかし、プロジェクトで成果を上げると年末にかなりの現物の会社株式がもらえた。平均すれば、収入は米国企業時代の10倍になった。

「会長の指示や呼び出しに備えて24時間スタンバイです。しかし、自分の仕事が結果に結びつき、世界を変えることもある。やりがいはありますが、適応できない人は去るだけです」

 弱肉強食のルールが社内では徹底されている。一方で、自分の好き嫌いで社員を評価することもない。「顧客の満足」こそが郭台銘の評価基準だという。

「顧客に喜ばれる結果を出すこと。それが、会長が我々を評価する唯一の基準です。その点ではフェアな方だと信頼できます」

 中堅幹部は、自分に言い聞かすように、語った。

 社内には、こうした郭台銘の個性にマッチした人物は私生活まで徹底的に面倒をみられて可愛がられる。台湾社会には、疑似ヤクザ的な「義兄弟」の関係をつくる傾向があるが、郭台銘を「大哥(ダーガー・意味は「アニキ」)」と呼んで慕う社員も少なからずいる、という。冷徹さと義理人情が同居する人間なのである。

●のじま・つよし/1968年生まれ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。1992年朝日新聞社に入社。シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月よりフリーに。主な著書に『ふたつの故宮博物院』『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』など。

※SAPIO2016年5月号