手前は、ロリオリの「ストロベリークランチ」(2376円)、奥はフルーツケーキファクトリーの「季節の苺とマスカルポーネのタルト」(1ピース780円)

写真拡大

大丸札幌店(札幌市中央区)では、4月6日(水)から26日(火)まで地下1階食品フロア「ほっぺタウン」にて、「春のほっぺタウンまつり」を開催。イチゴやサクラ、それに旬の素材を使った“春の味覚“を多彩に取り揃える。

【写真を見る】ミニサイズの堂島ロールを並べて、イチゴとふんわりクリームでデコレーション。パティスリー モンシェールの「苺のツインロール」(993円)

まず、地下1階の和洋菓子売場・パン売場には、春の代名詞ともいえるイチゴやサクラをテーマにしたスイーツをラインアップ。

みずみずしいイチゴとマスカルポーネの爽やかな相性がたまらない、フルーツケーキファクトリーの「季節の苺とマスカルポーネのタルト」(1ピース780円)や、堂島ロールにイチゴや生クリームを乗せたパティスリー モンシェールの「苺のツインロール」(993円)、そしてルタオの「焼さくらシフォン」(1080円)など、様々な洋菓子が登場する。

そして、薄い求肥でフレッシュなイチゴを包んだ一久大福堂の「薄皮大粒苺大福」(237円)や、サクラ風味のこし餡を包んだ笹屋伊織の「伊織のさくら」(1個216円)などの和菓子まで、見た目も華やかな品々が並べられる。

また、パンやスイーツの期間限定グルメにも注目を。期間中は、地元・旭川の店舗でしか味わえない一久大福堂の「一久焼」(1個172円)を特別に販売。

4月12日(火)までは、イチゴとクリームをその場で詰める、きのとやの「いちごのクロッカンエクレア」(453円)や、千歳のカフェ&スイーツショップ・ドレモルタオの人気パンが登場。

パリパリのデニッシュ生地にチーズクリームを詰めた「ドレモチーズデニッシュ」(270円)や「農家のベーコンのクロックムッシュ」(298円)、「ルタオ塩バターロール」(120円)など、ドレモルタオの人気パン5種が並ぶ(パンは15時から販売)。

このほか、地下1階の惣菜売場では旬の素材を使った春の弁当、全7ブランドを販売。館内飲食店でも春のメニューを多彩に展開する。【北海道ウォーカー】