毎週火曜日の深夜1:26〜1:56放送の「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)第27回目。
R-指定が、「WHOOO VIBESは満タン 俺がレペゼン大阪のYangGun」
吠えるように始まり、「全然関西にいないし絶対王者なんかじゃない」って挑発にバッチリ落とし前返すフルスロットルなスタート。
満タン、レペゼン、ヤングガン、難関、Stand Upと、ガンガン韻を踏む。


ちなみにレペゼンは「represent」。
英語辞書を引くと「〜を表す」「〜を代表する」という意味が出てくる。
HIPHOPの文脈では「地元を代表する」で、「レペゼン広島」だったら「広島代表」「広島からきた」というニュアンスらしい。

対戦相手のCIMAは、サイプレス上野、漢a.k.a.GAMI、T-PABLOWを打ち破ってきた。
今回も、がっちり内容で返し、「レペゼンとは何か」対決で激突。
「マイクは鋭利の先端」と「お前は間違った言葉の選択」でキメた。
1本目のジャッジは、3-2でモンスターR-指定に。

2回戦。
スローなビートにのせて、じりじり盛り上げるR-指定。
「大阪の若手 俺の椅子飛ばす」と口が気持ちいいカッコいいフレーズも飛び出し、
若手、どうでぇ、いつで-も、くれて と、「て」の連打もかます。
その後の、「やってやるってまるで上野みたいな目つきでな」は、
サイプレス上野とロベルト吉野「やってやるって」
って曲を踏まえている。

さらにR-指定「911911みたいなスキルで愛燦燦降らせるけど俺このままお前をぶっ殺し階段昇る」。
911は、アメリカで緊急ダイアルの番号。もちろん同時多発テロの日付も連想してしまう。
「愛燦燦」は、作詞小椋佳、うた美空ひばりの名曲だ。
この振り幅とイメージの奔流に圧倒される。

CIMAも負けてはいない。
「俺は88 いまから大虐殺始まり ハチマキ巻いて来いよ」
88はスラング。
アルファベットの8番目がHなことに由来する。

【今週の最強VERSE】「大虐殺始まり ハチマキ巻いて来いよ」
4TH Battle Round2のCIMAが放ったフレーズ。
88(はいあい)から、始まり(はいあい)で、「はいあい」と韻を踏んで、
さらにハチマキ(はいあい)ともういっちょいく。

CIMAは、全編にスラングを散りばめて、ヤバいフレーズを侵入させながら、
「俺はストレートチョコレートその程度の甘さ」なんてスイーツへも変化自在。

すごいバトルだった。
結果は、クリティカルでR-指定の勝利。
CIMA「鬼悔しいっす!」。

【今週の最高カッコいいシーン】
後半は、REC6の振り返り。
MCニガリa.k.a赤い稲妻 VS T-PABLOW。
バトルの流れで「アルバム俺のこと呼んでくれ、一緒に曲やろうぜ」とT-PABLOW。
MCニガリの返しが「一緒に曲やろうぜ、絶対うそはつかないでくれ」で、
そのあとも呑みに行く約束して、すごい仲良しじゃん。
って感じで、カッコ良かった。

Creepy Nuts (R-指定 & DJ 松永)「たりないふたり」の「合法的トビ方ノススメ」を聞きながら、次回を楽しみに待ツ。
(米光一成  イラスト/小西りえこ)

「フリースタイルダンジョン」30年やってるぜ、いとうせいこう55歳がかっこよすぎた件