「パナマ文書」騒動 国外サーバーからハッキング受け流出か

ざっくり言うと

  • 「パナマ文書」問題で、法律事務所の共同設立者がAFPの取材に応じた
  • 共同設立者は事務所が「国外のサーバーからハッキングを受けた」と説明した
  • 4日、事務所側はハッキングの被害届をパナマ検察当局に提出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング