「女優そっくりのロボット」は肖像権を侵すのか

写真拡大

香港のデザイナーが自宅で3Dプリンターを使用し、女優スカーレット・ヨハンソンにそっくりのロボットを製作した。実在する人物にそっくりのロボットをめぐる問題については、これまでに複数の裁判が行われているが、今回はどうなのか。

4月1日(米国時間)、女優のスカーレット・ヨハンソンにそっくりなロボットを製作した香港のデザイナーに関するニュースが報じられた。ただし、製作者のリッキー・マはこのロボットを、モデルとなったヨハンソンの名前は避け、「Mark 1」と名付けた。

「「女優そっくりのロボット」は肖像権を侵すのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

このプロジェクトを完成させるために、マ氏は数カ月と5万ドル以上の費用を費やした。同氏は3Dプリンターを自学自習して使用し、自宅のパティオでこのロボットを製作した。

Mark 1に「美しいね」と語りかけると、このロボットは口角を上げて微笑み、まるではにかんでいるかのように目じりを下げる。その表情は「人間的」だ。

思いを遂げられない相手を人形やレプリカにするという行為はありうるものかもしれない。しかし、現在の技術は、そっくりに動くロボットを可能にした。スカーレット・ヨハンソンやビヨンセ、あるいはあなたにそっくりのロボットを、誰かが製作することを防ぐ法的な手段はあるのだろうか?

「そっくりロボット」が法律的な問題になった例は過去にもある。たとえば、ワシントン大学の法律学教授であるライアン・カロは最近発表した論文で、サムスンが1990年代初頭に展開した一連の広告について指摘している。その広告では、華やかな衣装を身に着け、ブロンドのかつらをかぶったロボットが登場し、パズルボードの文字を裏返している。これは明らかに、米国のクイズ番組「ホイール・オブ・フォーチュン」でホステス役を務めたヴァンナ・ホワイトを模倣したものだった(たとえこのロボットの顔が金属製だったとしても)。

訴訟を起こしたホワイト氏は、「サムスンはこの広告に大金を投じており、同社はほかの広告に採用したタレントのモートン・ダウニーJr.に対しては多額の報酬を支払っている」と主張し、勝訴した。

空港のバーに設置された2体のロボットをめぐっても、同様の訴訟が起きた。コメディードラマ「チアーズ」(Cheers)に登場する「ノームとクリフ」をまねたロボットだ。クリフ役を演じたジョン・ラッツェンバーガーと、ノーム役を演じたジョージ・ウェントは提訴し、判断は最高裁までもつれ込んだ。

カロ氏によれば、個人が「そっくりロボット」をつくることに関しての法的判断は微妙だが、ロイターの記事によると、マ氏は投資家が彼のロボットを購入することを望んでいるという。これは、スカーレット・ヨハンソン側にとっては、法的手段を行使するより明確な根拠となる可能性がある。

最近は、人のレプリカを製作することがますます容易になってきている。「American Girl」のドール・コレクションでは、親たちが、自分の子どもに似たリアルなレプリカをつくることができる(3Dプリンティングを利用してリアルなミニフィギュアをつくるサーヴィス(日本語版記事)も各地にある)。

精巧な人間そっくりのロボット・レプリカの製作で最も有名なのは、大阪大学のロボット工学者、石黒浩教授(日本語版記事)のラボだ。石黒氏のラボは世界最先端で、豊富な資金を持つロボット研究所だ。

AI(人工知能)が進化し、ロボット技術が安価になり家庭でつくるのが容易になるにつれ、一般の女性たちも、誰かが自分に似たロボットを所有し、コントロールするということがどのような感じなのか、もうすぐ実感するようになるのかもしれない。

※マ氏は自作ロボットの動画をYoutubeで公開している。(文末に掲載/ただし、職場での閲覧は不適切な可能性あり)