4日、あるTwitterユーザーが明治天皇を騙る人物からの手紙を公開し、反響を呼んでいる。

投稿によると、ユーザーの父親宛に届いたもので、手紙のほかには振込用紙が同封されていたようだ。手紙は「はじめまして 私が明治天皇陛下でございます」とのあいさつに始まり、ユーザーの父親が元は虎で人間に变化させたのは自分だと主張している。この人物は草食恐竜を人間に変えた経験もあるそうだ。

しかし、どうやら行為には「お金がかかる」ようで、「人間の国民としての義務として皆さまより戸籍謄本使用料を徴収したい」という。手紙の最後には「サギまがいのものではございません」とつづられている。

その後、ユーザーは紙面上の住所をgoogleマップで検索したようだ。すると、そこは介護付き高齢者住宅だったとのことだ。
手紙を載せたツイートは反響を呼び、6日11時時点で7000リツイート、2000以上の「いいね」を集めている。

【関連記事】
京都のカフェ「Dream Cafe」に外国人観光客が怒り心頭 Twitterで反響
マクドナルド公式の「不適切な投稿」削除が話題「闇を見た」
写メールでレポート提出…マンガ評論家の伊藤剛氏が「スマホ世代」に苦言