3月26日(土) 、SUPER GT公式テスト真っ最中の富士スピードウェイで「Audi Sport事業戦略概要/新型Audi R8記者発表会」が行われました。

1

実は新車発表会の取材は今回が初めて。慣れない環境に緊張気味なF1女子のドキドキ新車発表会初体験レポート、スタートです!

まずは受付。今日の資料とパスを貰います。受付のスタッフの方が親切だったので、緊張がほぐれました。

アウディジャパン代表取締役 斎藤氏は新型Audi R8について、

「耐久レースから学んだ“ 燃費とスピードのバランス ” がいかされている。Audi R8 V10 plusにおいては、0-100km/ h加速をわずか3.2秒で駆け抜け、最高速度は330km/ hに達する事ができる。アウディのスポーツのイメージを高めたい。」

とコメント。0-100km/ h加速をわずか3.2秒で駆け抜けるとは、驚きですね。体験してみたいです。

quattro GmbH R8プロジェクトマネージャーのアルウィン・ワトキンス氏は、

「 Audiのラインアップ中、もっともレースカーに近いデザイン。 」

と自信をみせていました。

こちらが、新型Audi R8。赤のボディカラー、かっこいいですね。

ボディカラーといえば、憧れのカラーがありまして…… 。

 

そう! マットカラーです。スタイリッシュでかっこいい! こちらのAudi R8のカラーは「カモフラージュグリーンマットエフェクト」。Audi R8 V10 plus Coupe 5.2 FSI quattro専用だそうですよ。

車内の様子。高級感があります。

記者発表会ということもあり、Audi R8を近くでじっくりと見ることができました。そこで、“ F1と共通する物はないか? ” と思い探してみたところ、いくつか発見しました!

その : マットカラー

前ページでも紹介した、マットカラー。実は、レッドブルのカラーリングが今シーズンから一新し、マジョーラメタリックからマットカラーになったのです。街中でマットカラーの車を見る事はあまりないですが、これから流行るかも!?

その : リヤのディフューザー

F1についているリヤのディフューザーが、Audi R8にもついていました。ディフューザーが付いていることで、車体下の空気の流れを整えてダウンフォースが得られ、よりグリップを高める事ができます。

その : カーボン

F1マシンはほとんどが軽くて頑丈なカーボン素材でできています。Audi R8のモノコックも、カーボンとアルミニウム製。カーボンむき出しのミラーにきゅんきゅんしちゃいます。

 

その : リアミッドシップ

私が一番興奮したのは、F1と同じリアミッドシップだという事。これぞスポーツカー! という感じがしますよね。しかも、エンジンが見えるので私的には100点満点です(^^

リアミッドシップなのでもちろん、トランクルームはフロントに。

さらに今回、サブブランド” Audi Sport ” の導入も発表されました。

・Audi Sport Storeを全国に展開
・Audi R8/ RSモデルのラインナップを拡充
・Audiブランドを体感できる様々なテストドライブイベントを実施

など、アウディの重要なブランド要素であるスポーツイメージを訴求するそうです。

 

もうひとつ気になったのが、こちらのAudi Sport Collection。2016年度24店舗オープンする、Audi Sport Storeで購入できます。オープンしたら、ぜひ足を運んでみて下さいね。私も父を誘って行ってみようと思います( クマさんのぬいぐるみをおねだり予定 ) 。

アウディがこだわった” もっともモータースポーツに近い車 ” だという事をひしひしと感じられるAudi R8。F1との共通点があるのも、嬉しいポイントです。

運転する事の楽しさを体感できる、素晴らしいスポーツカーではないでしょうか。私の憧れのスポーツカーの一つとなりました!

(yuri)

F1女子が発見した、新型Audi R8とF1の共通点とは?(http://clicccar.com/2016/04/06/363587/)