六本木ヒルズで「美少女戦士セーラームーン展」 原画やアニメ資料が登場

写真拡大

4月16日(土)より、東京・六本木の六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーにて、1990年代に大ブームとなった『美少女戦士セーラームーン』の初の展覧会『美少女戦士セーラームーン展』が開催される。

『美少女戦士セーラームーン』は、1992年に少女漫画誌『なかよし』で連載が始まり、同時にアニメ番組もスタート。少女を中心にたちまち爆発的な人気となり、少女漫画・アニメの枠を超えたブームとなった。そして同作はミュージカル、ドラマ、ゲームなどに展開され、これらもことごとく話題に。さらに日本のみならず海外でも広く愛されている。

展覧会の会場では、同展のために原作者・武内直子が描き下ろした原画を含む多数の原画が展示されるほか(会期中展示替えあり)、1990年代のアニメ資料や人気グッズなどを紹介。会場のエントランスは、作品内に登場する“ムーンキャッスル”に見立てた空間となっており、作品の舞台となった麻布十番の街を見下ろしながら、セーラームーンの世界に浸ることができる。

『美少女戦士セーラームーン展』は2016年4月19日(土)〜6月19日(日)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて開催。開館時間は10:00〜22:00。会期中無休。当日券は一般1800円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです