未成年「サイバー援交」の実態 少女たちの手口

ざっくり言うと

  • 2015年に警察が未成年666人をサイバー補導したことが4日、分かった
  • 援助交際目的が477人と最多で、下着の売買目的も143人いた
  • 少女らは「WU高位置@三也」などの隠語で警察の目をかいくぐっているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング