なでしこジャパン大儀見が離婚を発表

写真拡大

本日、なでしこジャパンFW大儀見優季がオフィシャルブログを更新し大儀見浩介氏と離婚したことを発表した。

それによると、

4年という夫婦生活の中で、サッカー選手として海外で生活をしながらの、遠距離での夫婦生活の価値観にズレが出てきました。

まだまだ未熟なサッカー選手として、海外での挑戦をし続けていきたい自分と、メンタルトレーニングコーチとして日本国内で活躍する彼との生活には、少し時差が生じていたように感じました。

二人で話し合いを重ねた結果、今後の二人の人生において別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました。

と綴っている。

大儀見優季は、2011年7月にメンタルトレーニングコンサルタントの大儀見浩介氏と入籍し、翌2012年に結婚式をあげた。ロンドン五輪から登録名を変更し「大儀見」姓でプレーしてきた。

今シーズンは「大儀見優季」としてプレーするが、来シーズンより旧姓の「永里」に戻すことも合わせて発表された。既にオフィシャルブログは、「永里」姓に戻されている。