4日、環球時報は英国のシンクタンクが発表したデータを紹介し、英国に住む中国系住民の子どもの学力は成長するにつれ英国児童を追い抜くと伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年4月4日、環球時報は英国のシンクタンクが発表したデータを紹介し、英国に住む中国系住民の子どもの学力は成長するにつれ英国児童を追い抜くと伝えた。

同報告は2015年のGCSE(英国の統一試験)を分析し、英国人児童と英国に住む外国人児童の学力を比較した。GCSEは、一般的に義務教育修了時の16歳に受験し、進学や就職の選考基準となるものだ。

それによると、英国人児童の学力は5歳時に3位の成績を収めたものの、16歳時には13位に転落。一方中国系児童は5歳時の7位から16歳時は首位に躍り出た。インドなどのアジア勢が中国系児童の後に続いている。

原因について英国の専門家は、「国の対応と保護者の姿勢が関係している。移民してきた人たちの子どものうち、英語を母国語としない者はより多くの援助を受けており、アジア系児童の保護者は教育を重視する傾向にある」と指摘。さらに、「英当局は移民を支援している一方で、欧米の貧困家庭に対する支援は不足している」と英国当局に対応を求める声も上がっている。(翻訳・編集/内山)