4日、ロイター通信によると、欧州連合とトルコで合意した難民抑制策に基づき、ギリシャ政府は難民や移民のトルコへの送還を開始した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はトルコ。

写真拡大

2016年4月4日、ロイター通信によると、欧州連合(EU)とトルコで合意した難民抑制策に基づき、ギリシャ政府は難民や移民のトルコへの送還を開始した。

ギリシャ政府は4日、違法に同国に入国した難民や移民らのトルコへの送還を開始した。ギリシャ東部レスボス島から出発し、トルコ西部ディキリに到着した2隻の船には合わせて136人の難民が乗っており、ほとんどがパキスタンからの難民だという。また、ギリシャのヒオス島からディキリに到着した船には多くはアフガニスタンからの難民である66人が乗っていた。

EU当局者によると、4日にディキリに到着した難民らは全員、ギリシャへの難民申請をしておらず、自発的にギリシャを出国しており、2人のシリア人が含まれていたが、トルコへ戻りたいと申し出たという。EUはトルコに対して難民対策のための資金援助やトルコ国民のビザ免除を見返りとして提供する。

人権団体や欧州の政治家の中には、合意が法的に問題があるのではないかと指摘する声や、トルコに難民を受け入れるのに十分な場所があるのか、難民の人権や安全が考慮されているのかといった疑問を投げかける声もあがっている。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「人権団体がこの動きを批判しているというが、欧州の人々が平和に暮らし、自分たちの文化を守るという権利についてはどうなんだ?」

「豊かなアラブ諸国は、自分たちの兄弟といえる人々が死にかけている間も、ぜいたく品を買って無駄遣いをしている。彼らは自分たちを恥じるべきだ」

「米国では腐敗した政治家たちを強制送還する必要がある」

「よりよい暮らしをしたいと思っているなら、自国に留まって自分たちの問題を解決すべきだ」

「難民をバチカン市国に送れば、ローマ法王が彼らの足にキスをしてくれるだろう」

「すべての米国人は大統領選挙で共和党候補者に投票すべきだ。バーニー・サンダース氏やヒラリー・クリントン氏のどちらであろうと民主党が選ばれたら、米国はたくさんの難民を受け入れるだろう。そしてメキシコからの移民についても同じように対応するだろう」

「単純な方法を取るべきだ。すべてのイスラム教徒をイスラム教国家に送ればいい」(翻訳・編集/蘆田)