3日、米国人が最も好きなスマホメーカーはアップルと誰もが思いがちだ。だが実はそうではなかった。資料写真。

写真拡大

2016年4月3日、米国人が最も好きなスマホメーカーはアップルと誰もが思いがちだ。だが実はそうではなかった。中国のIT情報ポータルサイト・駆動之家が伝えた。

米コンサルティング会社、レピュテーション・インスティテュートはこのほど、2016年版の「米国で最も評判の良い会社」ランキングを発表した。上位10社は、アマゾン、ホールマーク、サムスン電子、ケロッグ、ソニー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ロレックス、インテル、ネットフリックス、ウォルト・ディズニーの順で、スマホメーカーではサムスンとソニーがランク入りしたが、意外にもアップルの名前は見つからなかった。

同ランキングは、米国の消費者8万3000人が、各企業の製品やサービス、革新性、勤務環境、支配構造、リーダーシップ、業績などを評価したもの。(翻訳・編集/柳川)