『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』 ©2014 all rights reserved by Navigator Film

写真拡大

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』が、11月から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、ハプスブルク家のコレクションや、ピーテル・ブリューゲルの絵画『バベルの塔』をはじめとする膨大な数の美術作品を所蔵するオーストリア・ウィーン美術史美術館の改装工事に密着したドキュメンタリー。2012年からスタートした大規模な改装から再オープンに至るまでの舞台裏に、解説やインタビュー、音楽を排したダイレクトシネマの手法を用いて迫る。

さらに同作では、ウィーン美術史美術館が取り組む作品の収蔵、収集、修復、展覧といったそれぞれの仕事に人々が取り組む様を多角的に撮影。繊細な絵画の復元作業を行なう修復家や、美術館内のチームに違和感を感じるゲストサービス、定年が迫る貴族出身のコレクション責任者、オークションに一喜一憂する美術史家といった美術館で働く人々のドラマが映し出される。

■ザビーネ・ハーク(ウィーン美術史美術館総館長)のコメント
この荘厳なドキュメンタリーは、世界で最も貴重な美術館のひとつ、ウィーン美術史美術館のすべてを描き尽くしています。
魅力あふれる美術館の、めったに外には見せない舞台裏を独特の視点で描き出した本作を通じて、多くの観客がカリスマ的な登場人物達と、彼らの仕事が織りなす世界に思いがけない出会いを果たすことでしょう。美術館を代表して、日本の皆さまにこの作品をご覧いただける機会を得たことを深く誇りに思います。