4日、中国の時代劇ドラマ「山海経之赤影伝説」について、「ふしぎ遊戯」からの盗用疑惑に続き、新たに「NARUTO−ナルト−」からセリフを盗用したとの疑いが浮上した。

写真拡大

2016年4月4日、中国の時代劇ドラマ「山海経之赤影伝説」について、「ふしぎ遊戯」からの盗用疑惑に続き、新たに「NARUTO−ナルト−」からセリフを盗用したとの疑いが浮上した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国で放送中のドラマ「山海経之赤影伝説」については、オンエア前の昨年末に早くも盗用疑惑が浮上。日本のアニメ「ふしぎ遊戯」とストーリーが似ていると指摘されていた。これに続き、今度は「NARUTO−ナルト−」からのパクリ疑惑がネット上で話題なっている。

ネットユーザーの指摘によると、問題が発見できたのはこのほど放送された第14話。そこに登場したあるキャラクターの生い立ちや人物設定が「ナルト」の君麻呂にそっくりだった。さらに、セリフまでもが君麻呂の語ったものとほぼ同じ。ネット上には2つの作品からセリフがかぶっている場面をキャプチャーした写真がパクリの動かぬ証拠として登場している。

「山海経之赤影伝説」は中国の奇書「山海経」の世界を描くファンタジードラマ。ドラマ「シンデレラの法則」などで人気の俳優チャン・ハン(張翰)、ウイグル族出身女優の古力娜扎(gulnazar)が主演している。(翻訳・編集/Mathilda)