競泳で15歳の池江璃花子が自身初の五輪出場決定に涙

ざっくり言うと

  • 競泳の日本選手権は5日、女子100mバタフライで15歳の池江璃花子が優勝した
  • 日本水連の派遣標準記録も突破し、自身初の五輪出場に涙が止まらなかった
  • 決勝がこの日3レース目で、40分前には200m自由形準決勝を泳いでいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング