佐藤えいち、ウイニングパットを沈めて渾身のガッツポーズ!(撮影:高木昭彦)

写真拡大

 千葉県にある太平洋クラブ 成田コースを舞台に開催された地方トーナメント『千葉オープンゴルフトーナメント』。初日の荒天により1日競技となった本大会を制したのは飛ばし屋・佐藤えいちだった。
【関連写真】千葉オープン特選フォトギャラリー
 苦しい戦いだった。左手の指を負傷している影響でショートアイアンの精度はがた落ち。1番からボギーを叩くなどスコアメイクに四苦八苦し、修正できたのは後半に入ってから。それでも何とか上がり3ホールでの3連続バーディで6アンダーにスコアを伸ばし、ギリギリで河野晃一郎、井上信とのプレーオフに持ち込んだ。
 18番パー5で行われたプレーオフでは、持ち前の飛距離が冴え渡った。502ヤードをティショットで残り192ヤードまで運ぶと、アゲインストの風が吹く中、5番アイアンでピン左5mに。「スライスは最後だけ」とイーグルパットのラインを読みきり、渾身のガッツポーズ。バーディパットを残していた2人に1ホール目で引導を渡した。
 佐藤はシード選手の経験こそないが、07年『ミズノオープンよみうりクラシック』で2位に入り『全英オープン』に出場したこともあるプロ転向20年目のベテラン。同年にはドライビングディスタンス部門でツアー1位に輝いている。
 優勝スピーチで「歴史のある大会で勝てると思っていなかった。今日は千葉在住の意地を見せられたと思う」と白い歯をこぼした。今季は日本ツアーの予選会に参加しつつ、PGAの下部ツアーである『ツアー・チャイナ』に参戦予定。
 「今大会の歴代優勝者の方々はすごい選手ばかり。僕も負けないように頑張りたい」。尾崎将司、室田淳ら偉大な先輩達に少しでも近づくため、明日からも自分を磨いていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
「Select The Club」4店舗目が太平洋クラブ成田コースにオープン!