ガッツリ食べて、ガンガン飲もう!(詳細は公式サイトより)

写真拡大

海鮮丼、わらじカツ丼、じゃがバター、いかめし――。北海道から沖縄まで日本各地にあふれる「地元めし」、それを提供する約66店舗が日比谷公園に大集合します。

2016年4月7日から10日まで「第3回! 地元めしフェス クオーゼイ in日比谷」が開催されます。

新企画「ワンコイン地元めし」に注目

2015年開催時には43万人以上が来場した人気イベント。本場の味をできたて&その場で味わうことができ、鮮魚や野菜、肉類を豪快に直火で焼きあげて提供するブースもあります。

注目の初出展は、大洗カニ専門店 かじま(茨城県)の「ズワイかにたっぷりコロッケ」や、小豆島ラーメンHISHIO(香川県)の「醤(ひしお)そば」など。それぞれ自慢の食材をふんだんに使った贅沢メニューです。

また、今回から新企画「ワンコイン地元めし」が実施されます。「こぼれいくら小丼」(通常1000円)や「限定握り6貫」(通常1000円)など、普段は手を出しにくいメニューがワンコイン500円に! 34店舗が1日限定50食で提供します。

地ビールを提供しているブースもあるので、飲みたい人にもぴったり。さらに100円でご当地ドリンク9種を飲み比べできる「ご当地ドリンクをノモーゼイ」も行われています。お腹が満たされたらこちらも試してみては。

開催時間は10時から20時まで(最終日は18時まで)。入場料は無料です。詳細は公式サイトへ。