2016年4月5日(火)に都内にて、TBS火曜ドラマ「重版出来!」の制作発表会が行われ、連続ドラマ初主演の黒木華さん、オダギリジョーさん、坂口健太郎さん、安田顕さん、松重豊さんが登壇しました。


「重版出来!」は2014年日本経済新聞「仕事マンガランキング」で第1位を獲得した「月間!スピリッツ」の大人気マンガ。

ストーリーは主人公の新人編集者黒沢心(黒沢華)が新入社員として大手出版会社興都館に入社。週間コミック誌“バイブス”編集部に配属され、先輩編集者の五百旗頭(オダギリジョー)のもとで編集のイロハを学ぶ。連載担当漫画家との打ち合わせ、部数決定会議など、過酷な日々を味わう毎日……。

黒沢心の目標は重版出来させる、つまり売れるマンガを作ること! 仲間たちと重版出来を目指し奮闘する、お仕事ヒューマンドラマです。

黒木さんは、ドラマについて聞かれると、「黒沢心ちゃんを演じていると元気になれる!年上のキャストの方ばかりなので、私も黒沢心ちゃんと一緒に成長していこう!という気持ちでいました」と答えました。


時期編集長候補であり、新米編集者の黒沢心の指導的役割をしているのクールな五百旗頭を演じたオダギリさんは、「ご説明があった通りの役なので、頑張ります。ドラマのことは置いておいてですね。まず、初めてに近い秋葉原の地なのでとても嬉しく思います。あと、そちらのカメラマンの方のものすごいデカいイソジンの箱をお持ちで……なんですか、それ?すごいですね!」と会場の笑いを誘っていました。


望まない部署に配属され与えられた仕事をただただこなし、営業先の書店員から“ユーレイ”と呼ばるほど存在感が無かったのに、心との出会いによって少しづつ変わっていく小泉純を演じる、坂口健太郎さんは現場の雰囲気について聞かれると、「カットがかかると笑っちゃうんですよね。くせが強くて、みんないろんな色で、いろんな濃さで、どんどんぶつけてくるっていうか、出してくるんですよね。いろんな役を見れて、笑っちゃいますね」と楽しそうな現場の雰囲気について答えてくれました。

他にも記者から、「好きなマンガはなんですか?」という質問に対して「僕は風の谷のナウシカと三つ目がとおるが好きですね。初めて恋をしたのは、ナウシカでしたね」と塩顔男子らしい、ピュアさを感じさせてくれるお話しもしてくれました。


最後に黒木さんは、新社会人、新学生に一言を求められ、「新しい場所ってことは、自分自身も新しくなれるし、新しい出会いもあるし、大変なこともあるでしょうけど、そこに楽しさを見つけていかれるよう、心からお祈りしております。このドラマは、出版業界で働く人だけではなく、働く人全ての人に共通するところがあるドラマになっています。明日からの仕事を頑張ろう!って思えるドラマにします」と語ってくれました。

TBS火曜ドラマ「重版出来!」は、来週12日夜10:00から放送です。ぜひお見逃しなく!

【関連記事】

※ 桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎が究極の選択「私が好きな人?」「私を好きな人?」の答えとは

※ 西島秀俊は3位!2015年「独身女性が抱かれたい男」ランキング

※ 恋も仕事も上手くいく!女子アナに学ぶ「第一印象アップ」のコツ4つ

※ 今日から実践!仕事で消耗する女性が「オンナ度を上げる」夜の過ごし方

※ 「仕事と結婚どっち取る?」結婚しても働きたい人が●割