消費者庁は2016年3月31日、認知症やがんを予防する効果があると表示してココナッツ油を販売していた食品関連会社ココナッツジャパン(東京都港区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止策を講じるよう措置命令を出した。

違反が認められた商品は、食用ココナッツ油の「エクストラバージンココナッツオイル」と「エクストラバージンココナッツオイルカプセル」の2つ。同社ウェブサイト上で14年3月頃から15年11月頃まで、「ココナッツオイルで認知症の予防・改善」「ガン予防」などと表示していた。消費者庁の求めで同社が提出した資料には、表示を裏付ける合理的な根拠が認められなかった。

同社は措置命令を受け、4月1日付で謝罪文をウェブサイトに掲載。「管理体制の一層の強化に努める」とコメントした。