4日、米国防総省は米海軍が南シナ海で3回目の「航行の自由」作戦を計画しているとの報道について確認を避けた。写真は南沙諸島の永暑(ファイアリー・クロス)礁に駐留する中国軍。

写真拡大

2016年4月4日、米国防総省は米海軍が南シナ海で3回目の「航行の自由」作戦を計画しているとの報道について確認を避けた。5日付で環球網が伝えた。

ロイター通信は消息筋の話として、米海軍が今月初旬、南シナ海の係争のある国際水域に艦船を派遣する計画があると伝えていた。

米国防総省の報道官は、報道について「安全面への配慮から、将来的な軍事行動に関する論評はできない」と述べるにとどまった。(翻訳・編集/柳川)