負傷交代したソフトバンクの川島慶三 じん帯損傷で全治未定

ざっくり言うと

  • ソフトバンクは5日、3日の日ハム戦で負傷した川島慶三の検査結果を発表した
  • 「右下腿打撲、前距腓靭帯および踵腓靭帯の損傷」と診断されたという
  • 今後については3週間の固定が必要で、全治は未定とされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング