でからあげクン 夢のミックス味

写真拡大

ローソンは、オリジナルフライドフーズ「からあげクン」発売(1986年4月15)から30周年を迎えるのを記念して2016年4月15日に「でからあげクン 夢のミックス味」を340万食限定で発売する。一つで「レギュラー」のチキン風味→「チーズ」のまろやかさ→「レッド」の辛み―という味の変化を楽しめるという。

ローソンは、1979年にコンビニエンスストア業界で初めてフライヤーを導入して、店内で調理した揚げ物の販売を開始。その中でも最も人気の高いのが「からあげクン」で、年間約320億円、累計約25.5億食を販売するローソンの看板商品に成長した。

100%国産鶏肉のムネ肉を使用、 国内で製造することで為替の影響を受けにくく、価格は発売以来30年間、200円(税別)に据え置かれている。

"指でつまんで歩きながら食べられる"ホットスナックとして誕生。惣菜のイメージが強かった唐揚を、おやつとして食べられるよう一口サイズにしたことがヒットにつながった。酒のつまみとしての需要も広がり、オリジナル商品の販売高上位5品のうち3

品を「からあげクン」が占めている(1位レギュラー、3位レッド、5位北海道チーズ)。

30周年記念に発売される「でからあげクン 夢のミックス味」は、この3品が楽しめる。

ほかに5月31日に 「でからあげクン ゆずポン酢味(一味入り)」を300万食限定で、6月28日に 「でからあげクン 世界の山ちゃん監修 幻の手羽先風味」を300万食限定で発売する。