電子メモパッド

写真拡大


パソコン周辺機器の通販サイト『サンワダイレクト』は『電子メモパッド 400-TBL002』を発売。価格は1万円(税抜き)です。手書きのメモをテキスト変換してパソコンにUSBで接続すると、文書としてパソコンに取り込むことができる電子メモパッド。

パソコンが普及し、ブラインドタッチで「カタカタカタカタ、ターンッ」が日常となっている昨今だが、まだまだ、とっさの出来事にはメモ帳を使用している方や、パソコンが苦手でアナログ派という方も多いのではないだろうか。メモしたものの、読みにくさから後で書き直したり、文書に起こしたり……というケースもあるはず。そんな時に活躍してくれそうな便利機器が発売となる。

専用ソフトで手書きのメモを保存・管理できるほか、PDFファイルに署名を書き込んだり、手書きのメッセージを送信することも可能。ペーパーレスなのでエコで、場所をとることなくメモを保存できる。「あのメモ、どこにやったっけ?」なんてこともなくなるのではないだろうか。しかも、ただメモを取るだけではなく、『Word』や『Excel』などの『Office』関連ソフト、『Evernote』、『Skype』、はたまた『LINE』など、幅広いアプリケーションに対応している。『LINE』でスタンプを作成しなくても手軽に手書きのイラストや文字を画像として保存し、投稿できるのは、かなり画期的だ。

動画を見る限りでは、少し線が太めなように思える。筆圧感知がついているので、細い線も書けるのだろうか。ホワイトボードや黒板のような感覚で書けるので、パソコンが苦手な方にも抵抗なく扱えそうだ。家庭での伝言板や、筆談ツールとして使用するのもいいかもしれない。手元で手書きしたデータをパソコンへ移すことができるので、文字だけでなく簡単なイラストなどを描いてデジタル保存するという使い方もできそうだ。

字というものは、十人十色、人それぞれの味わいがあるものである。どんな走り書きにもデジタルへの変換に対応できるのかどうか……非常に気になる商品である。

電子メモパッド(保存・USB接続・Evernote/OneNote連携対応・薄型・デジタルメモ) 400-TBL002の販売商品 | 通販ならサンワダイレクト
>http://sanwa.jp/pr/400-TBL002

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: メイアン) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか