決勝終了直後、ベンチへ戻った錦織圭は頭を下に向けたまま微動だせず、全身が脱力感に襲われているかのようだった。それから顔を上げて、しばらく遠くに視線をやりながら、何か物思いにふけっているように見えた。その姿は王者ノバク・ジョコビッチに、全力でぶつかりながら跳ね返され、疲労感を伴った錦織の敗北を表していた。

 錦織(ATPランキング6位、3月21日付け、以下同)は、マイアミオープン決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(1位、セルビア)に、3−6、3−6で敗れて準優勝に終わり、マスターズ1000の初タイトルはお預けとなった。

 マイアミ大会での準優勝は、日本女子選手では1995年に伊達公子が成し遂げているが、日本男子選手では錦織が初めての快挙だった。

 試合は序盤から動いた。第1セット第1ゲームで、いきなり錦織がサービスブレークに成功したものの、第2ゲームですぐにブレークバックを許した。

「とても動きの速い圭のような選手に対して、もし0−2になっていたら、状況は少し違っていたかもしれない」と振り返るジョコビッチは第2ゲームのブレークによって、錦織をいい状態でプレーさせないようにした。それから5〜6ゲーム後に、ジョコビッチは錦織のペースに慣れ始め、ストロークの深さや角度をコントロールして、錦織を走らせてミスを誘った。

 錦織はストローク戦で攻撃的に打っても、ロングラリーに持ち込んでも、自分のミスによって突破口を見いだせず、最大の武器であるフォアハンドストロークも自分のリズムで打つことができなくなった。

「本当はもうちょっと攻撃的にいきたかったですね。セカンドセットは少し作戦を変えて、攻めていこうと思っていましたけど、風もあり、なかなか思うようにボールが打てなかった。ロングラリーになった時に、ほとんどポイントを落としていたので、打たない方がいいのか、(攻めて)打った方がいいのか、わからなくなって、それがすごく難しかった」(錦織)

 第2セット第7ゲームで錦織がプレー中に左ひざを痛め、メディカルタイムをとったが、もはや、その時点で錦織に挽回する力は残されていなかった。錦織のファーストサーブの確率は51%にとどまり、ジョコビッチのリターンにプレッシャーを感じたため、セカンドサーブのポイント獲得率も44%とふるわなかった。

 ジョコビッチは、マイアミ大会でアンドレ・アガシと最多タイとなる6回目の優勝を飾ると同時に、マスターズ1000タイトルが28個目となり、ラファエル・ナダルを抜いて史上1位を記録。改めて世界ナンバーワンの力を誇示した。

「(決勝は)マイアミでのベストパフォーマンスだった。とてもうれしいし、成し遂げたことを誇りに思う。記録を作り、歴史に自分の名前を残せた。本当に驚きだ。さらに記録を伸ばせるといい」(ジョコビッチ)

 一方、錦織は、マイアミでマスターズ1000の初優勝はならなかったが、決勝まで進出したことは自信にすべきだろう。

「いい試合も今週はあったので、すごく収穫のあった1週間だったと思います」

 このように語った錦織のマイアミでのプレーを、ダンテ・ボッティーニコーチは、次のように評価した。

「圭が準決勝で、マイアミでのベストプレーができたことをとてもうれしく思います。すごく安定していたし、スマートなテニスで、とても集中できていた。圭はあらゆるプレーがうまくいっていて、見ていて感心します。すごく落ち着いていて、決してあきらめない」

 現在キャリアベストにあるジョコビッチの弱点を見つけるのは、錦織だけでなく、どの選手にとっても至難の業だ。それでも、ジョコビッチに勝つためには、まずメンタルが大切だとボッティーニコーチは指摘する。

「相手が誰であろうと、倒せると信じることです。強い心を持って、できると自分自身を信じることです」

 ジョコビッチと対戦するたびに、錦織は「彼とやる時は、自分の弱さが見えてくるので、楽しみな挑戦ではあります」と話し、自分の成長に欠かせないものだととらえている。

 今回の決勝でいえば、ロングラリーに耐えられなかったことや、ミスにいらだちラケットをコートに投げてしまったことや、120%のテニスをして試合終盤に左ひざが悲鳴をあげてしまったフィジカル面などが、錦織の弱さだった。次にジョコビッチと対戦する時までに、錦織がそれらをどう克服するかが課題になる。

 26歳の錦織が、ジョコビッチに近づくためには、時間が必要だろう。2016年シーズンは手に負えないかもしれないが、ジョコビッチの無敵のような強さも永遠には続かない。もちろん最低限、錦織は今の高いレベルのテニスは保たないといけないし、ボッティーニコーチが言うように、大舞台で王者に対して屈しないような、さらに強いメンタルを身につけなければならない。

「あれだけ強いし、今のところ誰も攻略できていない。いつかは変わってくると思うので、その時を楽しみにしています」

 こう話す錦織が、決勝の舞台でジョコビッチと対戦したのは、今回が初めてだったが、マイアミでの敗戦を糧にして、今後どれだけ強くなっていけるだろうか。4月下旬のATPバルセロナ大会から6月上旬のローランギャロスまで続くヨーロッパクレーシーズンでのプレーまで、その答えを待たなければならない。

神 仁司●文 text by Ko Hitoshi