生体肝移植で7人が死亡 神戸国際フロンティアメディカルセンターが閉院

ざっくり言うと

  • 神戸国際フロンティアメディカルセンターが閉院することが5日、分かった
  • 同病院は、生体肝移植手術を受けた患者の10人中7人が死亡している
  • 経営が悪化し、15年11月末から診療を中止、負債総額は40億円を超えるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング