画像

写真拡大

 横浜銀行は、「オムニチャネル・マーケティング」を実現するため、日本IBMによるコンサルティングからシステム基盤の構築支援を採用した。これにより、顧客満足度の向上および収益向上を目指す。同システムは本年11月の稼働を予定している。

 横浜銀行は、「オムニチャネル・マーケティング」を実現するため、日本IBMによるコンサルティングおよびシステム基盤の構築支援を受ける。

 今回実現を目指すオムニチャネル・マーケティングでは、ATMやインターネット・バンキング、ウェブサイト、メールといった様々なチャネルから得られる情報を分析。その上で各顧客に対応したサービスの提案を、店頭窓口やチャネルから行う。

 そのため、チャネルごとの顧客データやキャンペーンの実施だけでなく、複数のチャネルを連動させたキャンペーンが適切なタイミングかつ自動的に行える。

 今回日本IBMは、国内金融機関に提供してきた実績をもとに、リアルタイムでパーソナライズされた最適なメッセージを配信するソフトウェア「IBM(R) Interact」や様々なマーケティングキャンペーンを提供する基盤「IBM Campaign」などを採用。今後構築を進め、11月の稼働を予定している。

MarkeZine編集部[著]