「テスラの誰も、先行販売がこれほど多いとは思わなかった」最新EVの予約注文数

写真拡大

テスラの最新EV「Model 3」の予約注文件数は、24時間以内に18万台を突破。4月2日までに27万6,000件を突破した。

「「テスラの誰も、先行販売がこれほど多いとは思わなかった」最新EVの予約注文数」の写真・リンク付きの記事はこちら

テスラは3月31日(米国時間)、サンフランシスコで最新EV「Model 3」を発表した。最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクはツイートで、24時間以内に予約注文が18万台を突破し、4月2日までで27万6,000台を超えたことを明らかにした

マスク氏のツイートによると、第2弾の発表イヴェントが開かれる前に、先行販売が50万台に達する可能性があるという。

マスク氏はソーシャルメディアでの質問に答えて、予想を上回る(2〜4倍の)先行販売台数だと述べた。また、「テスラの誰も、先行販売がこれほど多いとは思わなかった」と付け加えた

Longest line EVER #Model3https://t.co/EafMhK3BDC

— Tesla Motors (@TeslaMotors) 2016年3月31日

Model 3は航続距離が215マイル(約346km)で、この距離はテスラの充電ステーションネットワーク「スーパーチャージャー」(日本語版記事)に対応している。15インチのタッチスクリーンと自動運転機能も搭載。5人の大人が乗車できる。

基本価格は3万5,000ドルで、機能を追加してカスタマイズできる。マスクCEOによると、初期販売が18万台を上回った時点で、売上高は総額75億ドルになり、この数字はその後、115億ドルを超えたという。

テスラは、2017年までに第1弾のModel 3の納入が始まると見込んでいるが、ほかの顧客はもっと待たなければならないかもしれない。現在、カリフォルニア州フレモントにある工場が増産体制にあるが、2015年中に生産できたのは5万台にとどまる。

テスラは、2017年末までに少数のModel 3を出荷する予定であり、SUVの「Model X」と高級モデルの「Model S」の注文も満たしていくと述べている。

同社は、ネヴァダ州スパークスに50億ドル掛けて建設中である電池工場「ギガファクトリー」(日本語版記事)も開業するところであり、年間50万台前後の生産を目指しているという。

マスク氏はさらに、「地域の長期的な需要に応えるために」欧州に工場を建設する「必要がある」とも述べた