画像

写真拡大

 オプトは、エンジニア組織「Opt Technologies」を4月5日に設立した。同組織では、提供するアドテクノロジー関連サービスの品質向上および新規プロダクト開発を目指す。

 オプトは、アドテクノロジーを中心とした研究開発および事業推進を目的としたエンジニア組織「Opt Technologies」を4月5日に設立した。

 同社グループでは、2000年より延べ2,500社以上に提供してきたeマーケティングプラットフォーム「ADPLAN」の継続的なバージョンアップをはじめ、アプリプロモーション総合支援プラットフォーム「Spin App」やLINEビジネスコネクトを活用したCRMツール「TSUNAGARU」など、アドテクノロジー分野における様々なサービス開発やパートナー連携を強化してきた。

 そして、今回設立した新組織では、エンジニアリングに関するリソースの拡充による品質向上と各開発拠点間における連携強化に取り組む。これにより、提供サービスの価値および精度の向上を図り、加えて新規プロダクト開発体制の強化を狙う。

 同社では今後、2017年までに同組織を100名規模に増員し、開発効率向上を目的にエンジニア向けの各種制度の改善も実施していく予定。

MarkeZine編集部[著]