5日、日韓の慰安婦問題をめぐる昨年末の合意から100日となるのに合わせ、韓国の複数のメディアがこの100日間の日韓の動きを伝えたが、「真の解決への道は遠い」とする論調が大勢を占めている。写真は中国・南京利済巷慰安所旧跡陳列所の展示。

写真拡大

2016年4月5日、日韓の慰安婦問題をめぐる昨年末の合意から100日となるのに合わせ、韓国の複数のメディアがこの100日間の日韓の動きを伝えたが、「合意内容の履行は進んでおらず真の解決への道は遠い」とする論調が大勢を占めている。

【その他の写真】

このうち国民日報は、昨年12月28日の合意から5日で100日を迎えたが「後続の措置は『さっぱり』(進まない)」との見出しで伝え、その理由として「日本が合意の精神に反する行為を続けている」「被害の当事者である慰安婦の反発が依然として強い」ことを挙げ、こうしたことにより「韓国の国民感情も揺れ動いている」とした。

また、聯合ニュースなどは合意の履行を「牛の歩み」と表現した。朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相がこのほど核セキュリティーサミットを機に会談し、合意の着実な履行の重要性を再確認するなど前向きな動きもみられるものの、「日本政府が合意の精神に沿う真剣な態度をいまだ示していない」ことや、当事者による合意への反発、そして少女像(在韓日本大使館前の慰安婦像)の移転をめぐる問題が韓国国内で渦巻いていることから、「最終的な解決はまだ先になりそうだ」と伝えた。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「外交のトップである朴槿恵からは一言もないのか?」
「合意の内容も良くないけど、それより外交上の形式や手続きがきちんとしていない下手な合意は破棄すべき」
「この合意は間違いだらけ。その後の日本を見てれば明らかだ」
「大統領が勝手にやったこと」

「立派な成果だと自画自賛した朴槿恵と、それをやたらと称賛した潘基文(パン・ギムン国連事務総長)」
「これで韓国人が一つ学んだことがある。潘基文がどんな人物か分かったよね?」
「少女像を撤去してみろ。みんな職場放棄してデモをするはず」

「韓国はいよいよ政権交代が必須だ」
「慰安婦のおばあさんたちが一生をかけて傾けてきた努力を、たった数週間でぶち壊した外交部」
「日本が裏切るだろうと最初から予想してたよ。やっぱり僕の予想は間違ってなかった」(翻訳・編集/吉金)