安定感抜群のキム・ハヌルが首位キープ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<メルセデス・ランキング>
 国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。昨年より1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手に、翌シーズンからの3年シードを付与される。
【関連】笑顔満載!スマイルクイーンフォトギャラリー
 5戦目『ヤマハレディース』を終えての最新ランキングが発表され、同大会で日本通算20勝目を挙げた李知姫(韓国)が8位に浮上。首位は同大会を13位でフィニッシュしたスマイルクイーンことキム・ハヌル(韓国)がキープしている。
 2位は単独2位で終えた申ジエ(韓国)が浮上。同大会を欠場し海外メジャー『ANAインスピレーション』に出場したイ・ボミ(韓国)は4位に後退した。
 日本人最上位は5位の笠りつ子。最終日に猛チャージも連覇達成はならなかった渡邉彩香は6位に浮上している。
 獲得賞金とはまた違った強さが求められるこのランキング。LPGAメルセデス最優秀選手賞に輝くのはどの選手か。
【メルセデス・ランキング】
1位:キム・ハヌル(113.0pt)
2位:申ジエ(104.0pt)
3位:テレサ・ルー(101.0pt)
4位:イ・ボミ(82.5pt)
5位:笠りつ子(82.0pt)
6位:渡邉彩香(82.0pt)
7位:柏原明日架(79.0pt)
8位:李知姫(70.5pt)
9位:福田真未(68.5pt)
10位:菊地絵理香(64.5pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【動画】イ・ボミのファイナルR後のインタビュー!
ドレス姿に着物姿も!女子プロ写真館