トヨタ自動車が3月28日に発表した2月度の国内生産台数は、前年比18.8%減の22.4万台に留まっており、7ヶ月ぶりに前年同月実績を下回りました。

1

これは1月8日に発生した愛知製鋼知多工場の爆発事故により特殊鋼の調達が滞り、国内全ての組立工場を約1週間に渡って稼働休止したためで、約9万台の生産に影響が出た模様。

(出展 トヨタ自動車)

これに伴い、国内販売についても11.1%減の11.9万台と、5ヶ月振りに前年同月実績下回っています。

また年初からの国内累計生産台数は48.3万台(-8.4%)、国内累計販売台数は23.2万台(-4%)の状況。同社では今月から休日出勤や残業で増産を図り、秋頃までに生産計画を回復させる考えのようです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

トヨタ「プリウス」が快走、国内販売で3ヶ月連続首位!
http://clicccar.com/2016/03/17/358706/

2015年世界販売トップのトヨタ、国内販売も回復基調!
http://clicccar.com/2016/02/02/351907/

世界販売4年連続首位のトヨタ、スズキとの協業を模索か?
http://clicccar.com/2016/01/28/351527/

トヨタ、2017年米国販売を過去最高の264万台で計画か?
http://clicccar.com/2016/01/22/350107/

トヨタ、プリウスなどの新車効果で2016年国内販売3%増を目指す!
http://clicccar.com/2015/12/28/344645/

トヨタの2月国内生産、愛知製鋼爆発事故の影響で2割減!(http://clicccar.com/2016/04/05/364129/)