2日、韓国開発研究院はこのほど発表した報告書で、中国人消費者が韓国のコンテンツを視聴する頻度が約2倍に増加した場合、韓国の商品をインターネットで購入する確率が約4ポイント上昇すると指摘した。写真は韓国KBSテレビ。

写真拡大

2016年4月2日、中国・新華社によると、韓国開発研究院は先月31日に発表した報告書で、中国人消費者が韓国のコンテンツを視聴する頻度が約2倍に増加した場合、韓国の商品をインターネットで購入する確率が約4ポイント上昇すると指摘した。

【その他の写真】

ネット通販で韓国の商品を購入した経験のある中国人消費者のうち、中国のサイトで購入した人と韓国のサイトで購入した人の1000人ずつを対象に行った調査で明らかになった。

報告書では、韓国の商品を購入する既存客をつなぎとめるとともに、新たに多くの中国人消費者を引き付けるには、商品の品質と韓流文化の両面で対応すべきだと指摘している。(翻訳・編集/柳川)