4日、AP通信はベトナ紙の報道を引用し、ベトナム国境警備隊は先月31日、同国北部のトンキン湾の領海を侵犯したとして中国船1隻を拿捕したと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月4日、AP通信はベトナ紙の報道を引用し、ベトナム国境警備隊は先月31日、同国北部のトンキン湾の領海を侵犯したとして中国船1隻を拿捕したと報じた。

ベトナム紙タンニエンによると、トンキン湾の領海を侵犯した中国船には3人が乗っており、約100キロリットルの燃料油を積んでいた。船長は領海侵犯を認めており、周辺で操業する別の中国漁船に船に燃料油を売るつもりだったと述べている。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「領海侵犯する中国漁船は海にとって脅威だ。彼らは世界中の海が自分たちのものだと思っている。中国政府はその実態を知っているか、もしかしたら操業するよう奨励しているのかもしれない」

「毎日のように報道される反中プロパガンダを見ていると、かつてイラクには大量破壊兵器があると毎日のように報じられていたことを思い出す」

「今から数年のうちに、中国人の略奪によって海には魚が1匹もいなくなってしまうだろう」

「すべての国が団結して戦うべきだ!」

「もうすぐ第三次世界大戦が始まる」

「中国に立ち向かっても、たいていは後退することになる」

「よくやった、ベトナム!」

「どんどん中国船を拿捕すべきだ」(翻訳・編集/蘆田)