耳鳴りのノイズは多種雑多(shutterstock.com)

写真拡大

 春先は、天候が不安定であるため寒暖の差が大きく、気圧や日照時間が不規則となる。その結果、血管の収縮を調節するセロトニンが不足しやすく、片頭痛などが悪化しやすい。放置すれば、耳鳴りやめまいなどの症状が多くなる

 耳鳴りは、音がないのに、何かが聞こえるように感じる状態で、耳鳴(じめい)とも呼ばれる。その聞こえ方も、「ジー、チー」というセミの声、「キーン、ボーン」という金属音、「ピー、ポー」という電子音、「ブーン」という重低音、「シャー」という空間音、「ゴォー」というジェット音、「ジャー」という水流音、「ブクブク」という痙攣音、「ザッザッ」という拍動音、「ピロピロピロ」という異次元音......。実に多種雑多なノイズのオンパレードだ。あなたも聞いたことがあるだろうか?

 耳鳴りは、なぜ起きるのか? その説明の前に、まずは音の伝わり方を知っておこう。空気の振動である音は、外耳道→鼓膜→内耳の蝸牛(かぎゅう)に振動として伝わる。内耳の蝸牛は、振動のエネルギーを電気信号に変換する。電気信号に変換された音は、聴神経を経て、大脳皮質で不要な音はカットされ、優先度の高い必要な音だけが大脳皮質の聴覚中枢へ伝わり、音として認識される。

 たとえば、こんな経験はないだろうか? 多くの人が集まるパーティー会場。目の前の人と交わす会話はよく聞こえるが、自分が関心のない人の会話はほとんど聞こえない。ところが、遠くで話している人の会話に自分の名前が出るや否や、耳はその人の会話をキャッチする。自分の名前が聞こえたとたんに、処理すべき情報の優先度が上がるため、大脳皮質は重要な音として認識する。これをカクテルパーティー効果という。

耳鳴りが苦痛になる仕組みとは?

 1990年に発表された「Pawel J. Jastreboffの耳鳴りに関する神経生理学的モデル」は、耳鳴りが苦痛になる仕組みを次のように説明する――。

 まず、大脳は、内耳や聴神経に発生した信号を大脳皮質に上げるべき情報とカットすべき情報に振り分ける。大脳皮質が耳鳴りを重大な音として認識すると、情緒中枢である大脳辺縁系に不快、苦痛、恐怖などの感情が起きるため、耳鳴りへの不快感が深まり、自律神経が乱れる。

 つまり大脳は、内耳や聴神経に発生した異常ノイズを感じると、重大な病気への恐怖感に囚われるので、耳鳴りを重要な音と認識する。刺激を受けた大脳辺縁系に不快な感情が誘発されると、さらに耳鳴りとしての優先度が高まるため、耳鳴りを苦痛と感じる悪循環が生まれる。このような流れで耳鳴りに対する悪循環ができれば、耳鳴りは耐え難い不快なノイズとして意識に定着してしまう。

 いいかえれば、大脳は必要な音や重要な音だけを自動的に取捨選択し、無害な音や重要でない音は聞こえていても意識まで達しないように働く。だが、耳鳴りで苦しんでいる人は、耳鳴りを危険な音や注意すべき音と敏感に感じている。耳鳴りを脳の異常や重大な病気の兆しではないかという恐怖感に囚われると、耳鳴りに対してより過敏になるため、大脳辺縁系が刺激され、不安、不快、恐怖、苛立ちなどの気分から逃れられなくなる。

 このように、耳鳴りへの感受性が強まれば強まるほど耳鳴りの優先度が高まるため、大脳辺縁系の自律神経への刺激が強まる。その結果、自律神経のバランスが乱れ、耳鳴りへの不快感がますます深まる。

 このように耳鳴りは、内耳や聴神経に発生した異常信号だ。
突発性難聴、メニエール病、内耳性難聴が耳鳴りの原因

 耳鳴りを引き起こす疾患には、突発性難聴、メニエール病、内耳性難聴などがある。

 突然、片側の耳が聞こえなくなる突発性難聴は、ジーと蝉が鳴いているようなノイズが聞こえ、悪化すれば治療が困難になる。過剰なストレスがたたり、仕事で重責を負う人が重症化する場合が多い。休養を十分取れば改善される可能性が高い。

 メニエール病は、内耳を満たしている内リンパ液が過剰になる内リンパ水腫によって発症する。難聴、耳鳴り、耳閉感(耳が詰まる感じ)などの聴覚症状やめまいを伴う。ザーッという低音が聞こえることから、男性の低い声が聞き取りにくいと訴える人もいる。ストレスに起因するため、精神的緊張を取り除く心理カウンセリング療法が有効とされる。

 内耳性難聴は、内耳の発育不全や内耳炎などによって起きる感音難聴 (音を感じるが、聞きとれない難聴)だ 。過大な音響、抗がん剤や鎮痛剤、風疹や麻疹などの感染症、頭部外傷、遺伝子異常、加齢など様々な要因によって誘発する。

耳鳴りの治療法は?

 これらの耳鳴りに有効な治療法はあるのだろうか?

 たとえば、難聴と耳鳴りが合併している場合は、補聴器をつければ耳鳴が抑えられるケースがある。難聴は、外部の音が脳に入らない状態なので、補聴器をつけて外部の音が脳に届く状態を保てば、耳鳴りの優先度が下がるため、耳鳴りが意識に上りにくくなる。

 また、TRT(Tinnitus Retraing Therapy/耳鳴り再訓練療法)は、耳鳴りがあっても、耳鳴りにストレスを感じない状態を習慣づけることによって、耳鳴りを意識に上りにくくする治療法だ。耳鳴りは危険な音ではないことを理解させるダイレクティブカウンセリングと、音響療法を組み合わせた治療を行なう。

 音響療法は、サウンドジェネレーターや補聴器などを使用し、耳鳴りと耳鳴り以外の音を同時に聞くことによって、相対的に耳鳴りの音を下げるながら、耳鳴りの音から意識をそらす訓練を行なう。

 この経験を繰り返せば、大脳皮質で耳鳴りの優先度が下がるので、大脳辺縁系や自律神経の刺激が抑制され、耳鳴りの悪循環のサイクルが断たれることにつながる。その他、高度な難聴を伴う耳鳴りは、人工内耳を埋込む手術によっておよそ80%の人の耳鳴りが軽減したという報告もある。

 加齢によって聴力が低下し、聞こえにくくなった周波数の音が耳鳴りとして聞こえる場合がある。生命に危険を及ぼさないが、神経質になるとストレスが強まる。春先天候不順のともにやってきた耳鳴りの中にも思いがけない疾患が隠れていることふがる。

 電話の受話音や会話が聞き取りにくく感じたり、耳鳴りがいつまでも治まらないなどの症状が続くなら、耳鼻咽喉科や脳神経外科などを必ず受診してほしい。
(文=編集部)