ドイツ旅客機墜落 操縦士両親の哀悼声明に被害者遺族が激怒

ざっくり言うと

  • 2015年3月に操縦士が故意にドイツの旅客機を墜落させた事故
  • 事故から1年を機に、操縦士の両親が独紙に息子を哀悼する声明を掲載した
  • これに対し被害者遺族は「私たちの怒りは到底、言葉にできない」と激怒した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング