大勝は忘れたほうがいいと前園氏(撮影:佐野美樹/PICSPORT)

写真拡大

2018ロシアワールドカップ・アジア3次予選への出場国が出そろいました。日本以外の国は、サウジアラビア、UAE、オーストラリア、カタール、中国、イラン、シリア、タイ、イラク、韓国、ウズベキスタンの12カ国です。

4月初旬に発表になるFIFAランクに基づき、12日にマレーシアで行われる抽選会でこの12チームが6チームずつの2つのグループに分けられる予定になっています。

6チームのうち、上位2チームは本大会出場。3位になると、もう1つのグループの3位のチームと4次予選を戦い、そこで勝つと、今度は北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)5次予選4位のチームとのプレーオフに廻ることになります。

3次予選がスタートするのは9月1日。そこから来年の9月5日まで、長い1年間がスタートします。

イラン、オーストラリア、韓国、日本はたぶんアジアのトップ4になるでしょう。その4カ国が2つのグループに分かれるわけですから、この日本以外の3カ国のうち、どれかとは戦うことになります。

ですが、本大会出場を決める3次予選の怖いのは、それまでと相手のモチベーションが違うことです。簡単にいえば、相手の諦めが悪くなる――最後まで食らいついてくるので気を抜けない試合だけになるのです。

2次予選で対戦したシリアともう一度同じ組になる可能性もありますが、今回のように5-0で勝てるとはとても思えません。

日本にとって最悪の組み合わせは、イラン、サウジアラビア、UAE、カタール、イラク、シリアの6カ国うち、5カ国と一緒になることかもしれません。中東勢ばかりが相手ということになると、気候面などでもとても気を遣わなければならなくなります。

実際、日本は中東での試合に苦労しました。ワールドカップ予選で負けたのは、岡田武史監督のときはバーレーンのアウェイでしたし、アルベルト・ザッケローニ監督の際は、アウェイのヨルダン戦で敗戦を喫しています。

今回も、どのチームも身体能力の高い選手がかならず1人います。その個の力をいかに防げるかが重要でしょう。

2次予選ではアウェイでも勝利を収めることが大切でした。ですが3次予選では、アウェイでそう簡単に勝てなくなります。アウェイでは勝点を挙げることが大切になるのです。

2次予選のことは忘れましょう。ここから先が本当の勝負。日本がすんなりと勝ち残れる保証はありません。どこで負けてもおかしくない戦いになると思っています。