9V型大画面カーナビでありながら画期的な装着方法で、軽自動車を含む144車種に対応するストラーダ「DYNABIG(ダイナビッグ)」。前回は、最大のトピックスである装着性についてご紹介しました。

1

9V型大画面ナビの「DYNABIG(ダイナビッグ)」には、ほかにも数多くの特徴があります。

9V型というと面積比で7型の1.7倍になるだけでなく、画面がせり出したようなフローティング構造により従来よりも乗員側に5〜6cm近づいていることもあり、10インチ並の視認性を確保。

実際に、前席と後席に座って確認しましたが、とくに軽自動車であればリヤシートからも十分に見やすいサイズ感となっています。

操作性は、スマホ感覚のタッチコントロールになっていますが、通常のカーナビにあるハードキーはディスプレイ上辺に配置されていて、スッキリとした見た目も印象的。

よく使う機能は、地図画面からアイコンをタッチすることで呼び出せるほか、上辺にあるハードキーはMENU、MAP、AUDIO、ボリュームの調整(+ー)と少ない上に、よく使うMENU(ストラーダお馴染みの「2トップメニュー」で、右にナビ操作系、左にオーディオ系を配置)画面もハードキーに突起が設けられていますから、慣れるとブランインドでも操作できそうです。

機能面では、ストラーダ自慢の市販唯一のブルーレイディスクプレイヤーをこの9V型大画面ナビの「CN-F1D」に搭載しているほか、こちらも市販ナビ初となる「AndroidAuto」に対応。

「AndroidAuto」対応アプリは、Googleから順次リリースされるはず、というのがパナソニックの回答でしたが、Android搭載スマホの音楽やアプリなどが車内で楽しめます。なお、Appleの「CarPlay」への対応も前向きに検討しているとのこと。

操作性では、9型大画面になったことでアイコンが大きくなり、タッチ操作が向上しているほか、地図や文字の視認性も向上。

ほかにも、高音質のACC型式のBluetooth Audio(iPhone/iPad)に対応するほか、後席からAV機能の操作に便利なスマホ・アプリ「CarAV remote」はiOS、Androidに対応しています。

さらに、「VICS WIDE」からの情報を活用し、渋滞回避ルート探索が可能な「スイテルルート案内」の搭載や、一時停止、速度など標識が表示される「安心運転サポート」も収録されています。

サウンド面では、「音の匠」サウンドをバックアップするストラーダサウンドエンジンをさらに性能向上させているほか、音質向上も余念がありません。

地図更新は最大3年分付で、Webダウンロードによる地図データ更新に対応し、期間内に年6回の差分更新と、1度の全地図更新が可能。

9V型大画面でありながら144車種(将来的には200車種)に装着できるだけでなく、アルミ素材のフレームを採用することで見た目の質感にもこだわったという「DYNABIG(ダイナビッグ)」。

現時点では2DINスペースがある車種に幅広く対応していますから(1DINに関してはフローティング構造もあって検討中)、大画面ナビをあきらめていた人でも装着できるかもしれません。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

■軽を含む144車種に装着可能な9V型大画面「DYNABIG(ダイナビッグ)」がストラーダから登場!
http://clicccar.com/?p=363402

【公式サイト】
■パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
http://panasonic.jp/car/navi/f1d-taioushashu/

市販ナビ唯一となるBlu-rayや「Android Auto」に対応する大画面ナビ「ストラーダ・DYNABIG」(http://clicccar.com/2016/04/04/363456/)