ベーコン本来の甘味とスモーキーな香りが楽しめる肉厚ジューシーなベーコンに進化した「ベーコンレタスバーガー」(350円)

写真拡大

マクドナルドは、13日(水)から「ベーコンレタスバーガー」「メガマフィン」「マックグリドル ベーコンエッグ」の3つのメニューに使用しているスライスベーコンを、重量2倍以上にボリュームアップしてよりジューシーなスモークベーコンへとリニューアルする。

【写真を見る】燻製されたベーコンが圧倒的な存在感でひときわおいしい「メガマフィン」(330円)

14年間もマクドナルドの定番であり続けている「ベーコンレタスバーガー」のメイン食材の1つ、ベーコンが格段にレベルアップ。デンマーク産の豚バラ肉をスモークベーコンに加工し、一枚ごとに鉄板でグリルすることでベーコン本来の甘味とスモーキーな香りを引き出した。さらに、レタスのさっぱり感はそのままでベーコンの重さが2倍以上になったことで、抜群の食べ応えとなっている。

また「メガマフィン」「マックグリドル ベーコンエッグ」は、存在感がアップしたスモークベーコンとの相性や最適な味のバランスを考え、従来の2枚から1枚へと変更。枚数は減るが、重量は以前より増し、よりベーコンのおいしさが際立つ仕上がりとなっている。

肉厚ジューシーなベーコンの進化を堪能すべく、ぜひともご賞味あれ。【東京ウォーカー】